ピンクコンパニオンと遊べる温泉地、スパコンとの違いを教えて!

ピンクコンパニオンと遊べる温泉地、スパコンとの違いを聞いてきた質問者へについて、遊び方なども含めてご説明いたします。

ピンクコンパニオンで困ったらのメイン画像

ピンクコンパニオンと遊べる温泉地、スパコンとの違いを教えて!

ピンクコンパニオンの存在が話題になっています。

温泉地ならどこでも派遣してもらえるのか、遊び方・内容はどんなものか、お話ししておきます。

■どこの温泉街に行っても満喫できるピンクコンパニオン。

鴨川温泉、湯沢温泉など、ピンクコンパニオンをオーダーできるエリアは全国に広がっています。

おおむねどこの温泉地に行ってもオーダーできるでしょう。

いわゆる複数の仲間で宴会と名がつけば大丈夫です。

ただし同じ鴨川温泉でも温泉宿によって、受け付けてくれるところもあれば、原則禁止になっているところもあります。

宿によって異なるので、宿泊予約をとる前に確認してください。

御予約は宴会の達人がオススメです。

■ピンクコンパニオンは性風俗系そのもの。

ピンクコンパニオンとスーパーコンパニオンの違いは、簡単に言ってしまうと色事系の遊びの際どさにあります。

スーパーコンパニオンには、野球拳などいくつかのメニューがあって、ジャンケンに負けたら服を脱いでいく程度の遊びに留まりますが、ピンクコンパニオンは元々がピンク系の接客なので、風俗どっぷりで遊びなれた人にはおすすめです。

裏メニューもあったりするので、盛り上がって意気投合したら別室へなどという流れもあります。

■ピンクコンパニオンは使用料金が曖昧で、別料金との境目がハッキリしないという危険性もあります。

ご注意ください。

ピンクコンパニオンといっても、派遣する元締めのオフィスによって料金表はマチマチです。

制限時間が過ぎても知らせてもらえずに遊んでしまうケースや、別室料金が法外であったりすることもあります。

女の子に乗せられていい気になっていると思うツボという事態にも。

気をつけましょう。