ピンクコンパニオンを温泉地に呼び出して、混浴は可能ですか?

ピンクコンパニオンと露天風呂に入るなど、可能なサービス内容について聞いてきた質問者に対し、内容とともに予算の実際を記述し説明します。

ピンクコンパニオンで困ったらのメイン画像

ピンクコンパニオンを温泉地に呼び出して、混浴は可能ですか?

ピンクコンパニオンを呼んで露天風呂で楽しむのはいいですが、すべてはオプションメニューになります。

予算はたっぷりと用意~。

概略をお話ししておきます。

■酌婦から性的サービスまでいろいろ。

ピンクコンパニオンの実態は性的サービス嬢の派遣なので、温泉地に行ってピンクコンパニオンを呼んで、仲間と一緒に露天風呂に入るといったことは可能です。

よくあるパターンです。

もちろん派遣の店によって取り決めが異なりますので、事前に問合せなどで確認しておくことは必要です。

宴会の輪の中に入って、酌婦のような接客をするサービスから、入浴サービス、別室サービスまでいろいろあります。

■入浴も別室サービスも別途料金。

入浴サービスというのは、先に質問があった露天風呂などに一緒に入って遊ぶサービスです。

別室サービスというのは、性的サービスを受けるために、二人きりの別室に行って受けるサービスのことです。

それぞれ大半の派遣会社ではオプション・裏メニューになっているので、別途料金がかかることを予定しておきましょう。

掲示してある料金で一式すべてが終わるということはありません。

■別室サービスは別途3万円、すべてあわせると1人5万円程度になります。

かなりの出費になるので覚悟が必要です。

土地側(地域の平均価格)にもよりますが、ピンクコンパニオンを呼んで最後まで一式を楽しもうと思ったら、1人5万円程度は用意しておきましょう。

都会で仕事帰りにブラリと立ち寄って楽しむのに比べると大きな出費です。