ピンクコンパニオンは、都市の真ん中でも呼べますか?

ピンクコンパニオンは都市の中心にいても呼べるかと聞いてきた質問者に対し、可能だが女の子の交換や選択はむずかしいと説明します。

ピンクコンパニオンで困ったらのメイン画像

ピンクコンパニオンは、都市の真ん中でも呼べますか?

ピンクコンパニオンは温泉地だけではなく、どこにいても派遣可能エリアなら来てくれます。

大阪ミナミの事例や派遣のセオリーについて、お話ししておきます。

■大阪ミナミはピンクコンパニオンの激戦区。

ピンクコンパニオンは、宴会とか温泉街といったイメージが強いですが、都市部のどこかで会社帰りに飲んでいて、その気になればその場にピンクコンパニオンを呼ぶことも可能です。

どこへでも出張してくれるというのが原則です。

しかし居酒屋に呼んで遊んでしまうのは勿体ないことなので、普通は数人のグループで、カラオケボックスなど密室系に呼び出すのが定番になっています。

大阪でいえばミナミ(難波)は激戦区。

もちろんビジネスホテルも彼女たちのフィールドです。

■1人でもOKの派遣会社なら交換もできる。

デリヘル(デリバリーヘルス)というのがありますが、ピンクコンパニオンは1対1の性的サービスを行っているシステムとは違うので、気に入らない女の子がいたからといって、「代えてくれ」とは言いにくい状況にあります。

また女の子の交換や最低オーダー人数などは、ピンクコンパニオンの派遣会社ごとに決められています。

1人でもOKのところは、デリヘルと同じように交換できます。

■ピンクコンパニオンは原則「宴会ビジネス」です。

1人の客が複数のピンクコンパニオンを呼ぶのも可能ではありますが~。

複数のピンクコンパニオンを密室に呼んで、1人の客が王様遊びをするといったケースも珍しくはありません。

しかし基本は宴会の余興ニーズに応えるのが派遣会社の目的。

1人で呼んで交換まで要求するのはむずかしいでしょう。